Friday, July 21, 2006

ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)

アナスイ

ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton、1821年 - 1892年2月28日)は、フランスのかばん職人。 1.が創始したブランド。LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)グループの中核ブランド。
ルイ・ヴィトンが評価されるようになったのは、創始者であるルイ・ヴィトンが亡くなった後のことである。ヴィトンは、まず「グリ・トリアノン・キャンパスGris Trianon」というトランク工場として創始された。このトランクは、灰色のキャンバス地で覆われており、とても軽量なものであった。1854年、彼はエミリー(Emilie Clemence Pariaux)と結婚、3年後の1857年には息子のGeorges Vuittonが生まれた。


1860年、ヴィトンは需要に押されて規模を拡大した。1867年、ルイ・ヴィトンは世界博覧会で銅メダルを獲得。これにより、世界的な評判を得、1869年にはエジプト総督のイスマーイル・パシャが、1877年にはロシアのGland Dude Nicholasがそれぞれ、1セットのトランクを発注した。また、当時の世界的に力を持っていたスペインの王アルフォンス11世からも、トランクの注文を受けた。


トランクの上から、布地を貼るというヴィトンの技法は賢明であったが、容易にコピー商品が出回ることとなり、1872年、ヴィトンは別の布地を使うようになった。この布地は、「Striped Camvas」として知られているベージュと赤の2色で色づけされた布地である。しかし、この布もすぐにコピー商品が出回ることとなった。
だが、コピー商品に押されることなく、彼のビジネスは成功を収めた。また、私生活の方も衰えることはなく、1880年には息子のGeorges VuittonがJosephine Patrelleと結婚。入籍当日に、彼は息子にスクリーブ通りの店を任せた。その3年後、Georgesにも子供が産まれ、ルイ・ヴィトンは祖父となった。


1885年、ルイ・ヴィトンはロンドンに進出。1888年、息子のGeorges Vuittonが、ベージュと茶褐色のチェス盤に、ルイ・ヴィトンの銘が入った「ダミエ・ライン」と呼ばれるデザインを考案。1889年のパリ世界博覧会で、ルイ・ヴィトン社に金賞をもたらした。しかし、商標登録もされていたにも関わらず、またコピー商品が出回ることとなった。
1892年、ルイ・ヴィトン社はハンドバッグの販売を開始、トランクやハンドバッグなどが掲載された最初のカタログもリリースされた。その年の2月27日、ルイ・ヴィトンは自宅で息を引き取り、Georges Vuittonが会社の全権を握ることとなった。
黄金期(1893年~1936年)ルイ・ヴィトンの死後、Georges Vuittonはルイ・ヴィトン社を世界的な企業へと押し上げた。Georges Vuittonは、1893年のシカゴ世界博覧会に出展するなど、会社をうまく運営し続けると共に、著書「Le Voyage」(フランス語で旅という意味)を出版した。


1896年、ヴィトン社はそのトレードマークとなる布地を発表した。モノグラム・ラインと呼ばれることになるその模様は、様々なシンボルと共にルイ・ヴィトンを示す「LV」というマークが描かれている。Georges Vuittonは、その後アメリカへ航海し、ニューヨーク、シカゴ、フィラデルフィアなど、様々な町を旅行し、その訪問中にもヴィトン製品を売って歩いた。1898年、Georges Vuittonは、パリ・オートショーにヴィトン製品を出展した。


1900年、Georges Vuittonはパリ世界博覧会の「旅行アイテムおよび革製品」の部門を担当するという栄誉を得た。1901年、ヴィトン社は、トランクの中に入れることのできる小さなカバン「スティーマーバッグ」を発表した。
3年後の1904年、Georges Vuittonはセントルイス世界博覧会において、議長を務めた。同年、ヴィトン社は、新商品として、香水や衣類などの商品を小分けにできる仕切りの付いたトランクを発表した。

1896年 ダミエの模倣品が出回ってきた事からモノグラム・キャンバスを考案。 1987年 ルイ・ヴィトンとシャンパン製造会社のモエ・ヘネシーとの合併によりLVMH モエ ヘネシー ルイ・ヴィトンが誕生。

ビジネス拡大(1937年以降)1998年 バックだけにとどまらず本格的にファッション界に進出。デザイナーにマーク・ジェイコブスを迎えプレタポルテを発表。 LVMHグループは今日、クリスチャン・ディオールやフェンディなど有名ブランドを傘下におさめる巨大ブランド企業に成長。